大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS FPコラム住宅購入・住宅ローン編M住宅ローン優遇金利の注意点

<<   作成日時 : 2009/01/21 12:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

☆ 「住宅ローン優遇金利の注意点」  ☆



 住宅ローンを新規で組む予定、又は、住宅ローンの借換え


を考えている方は、キャンペーン金利=優遇金利をきっちり


理解する必要があります。
   


優遇金利には二つのパターンがあるんですね。


まず、「店頭金利」・「優遇金利」ってわかりますか?


・・・


・・・


・・・


店頭金利とは、市場金利に合わせて、各金融機関が設定する


住宅ローンの基準となる金利のことです。ほぼ各金融機関


横並びですね。



それに対して、優遇金利とは、申込み期間などを限定して、


店頭金利から一定割合を差し引いた金利のことです。


特に銀行では、固定金利期間選択型にキャンペーンを展開


している事例が多いですね。



で、優遇金利には、以下のような二つのパターンがあります。


1、当初期間優遇タイプ


  当初の固定金利特約期間は、金利優遇幅が1.5〜1.7


  %程度とかなり厚めになっています。が、当初の優遇期間


  が過ぎた後は、店頭金利から0.5%程度の優遇金利が続く


  など、金融機関によって様々です。

  

2、全期間一律優遇タイプ


  全期間にわたって、一律の金利を優遇するタイプで、固定


  金利期間中もそれ以降も店頭金利から優遇される金利は


  同じです。ただ、その優遇幅は、当初期間優遇タイプに比


  べると、薄く長く設定されています。



 (まとめ)


  二つのパターンがあることを理解し、大きな優遇金利に飛び


  つくのではなく、いつまで続くのか?その後の優遇幅はどれ


  ぐらいなのか?ときっちり把握する必要があると思います。



 (ここだけの話)


  住宅ローンの借換えを検討していた、たこ焼きマンさん。数年間

  
  の固定金利期間が終了し、今年から変動金利になりました。変動

 
  金利移行後の金利優遇は、店頭金利から−○%。住宅ローンの


  借換えを考え、他行の優遇金利を調べると、店頭金利から−△%。


 (勿論、△%のほうが有利)


  ただ、住宅ローンの借換えには、費用がかかります。そこで、住宅

  
  ローンを組んでいる銀行に、借換えを考えているけど、金利下げて


  くれるなら、借換えを思いとどまる・・・と言ってみました。


  結果は・・・


  他行と同じ優遇金利になり、借換えをする必要がなくなりました♪


  めでたし、めでたし♪


  
  上記のような例が実際にあるみたいですので、ダメもとで


  交渉してみるのも、いいのでは?


  以上、ここだけの話でした。。。 


  (勿論、下げてくれないケースのほうが多いと思いますので、

 
   過度に期待しないほうが良いと思います。あくまでも、こういった

    
   事例があるようだという話ですので・・・) 



   住宅購入相談はコチラ ↓   
   http://fp-hase.com/house.html


   住宅ローン相談はコチラ ↓
   http://fp-hase.com/loan.html  



  (メルマガ:FPが易しく教える「暮らしに役立つお金の学校」開講43時間目再編集)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
他のビジネスとの違いはここです
住宅ローンの返済に利用中→ コピーと貼り付けさえできればどなたでも展開できます。スキルがなくても収入を得ることができます。なぜならば、システムに稼がせるからです。そのようなシステムが完成されているからです。もちろん、これから先もシステムを進化させていきます。EDC本部が、変化の激しいこ... ...続きを見る
開業パック
2009/02/05 23:45
今が買い!?首都圏マンション 購入者が多数
「買い得物件」消費者動く 首都圏マンション 在庫1万戸割れ低迷続きだった分譲マンション市場に、異変が起きている。平均20%という販売価格の大幅な値引きに住宅ローン減税の拡大効果もあり、「新築マンションに住みたい」消費者の意欲を刺激しているからだ。不動産経済研究所が16日発表した首都圏マンション動向調査によると、各社の在庫一掃の動きが奏功し、2月末の販売在庫は15カ月ぶりに1万戸割れとなった。 ■大京、3月も勢い 大京などが2007年10月に分譲を開始した東京都江東区の「亀戸レ... ...続きを見る
さくっとニュース
2009/03/17 14:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FPコラム住宅購入・住宅ローン編M住宅ローン優遇金利の注意点 大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる