大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴルフ3つのトリビア!

<<   作成日時 : 2013/08/01 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さん、こんにちは!

 今回は、プレー中の会話が盛り上がる?ゴルフの

 3つのトリビア
をご紹介しますね。


 ≪ホールのカップの大きさが108oになったのはなぜ?≫ 


  昔のカップはシャベルで適当な大きさに掘ったもの

 でした。当時は、プレーヤーが次のコースでティーアップ

 するための土をその穴から取っていたそうで、もともと

 脆弱だったカップの穴はとても崩れやすく大きさもバラ

 バラになりがちに。


  そこで、ゴルフの聖地セント・アンドルーズの管理者が

 水道工事用の土管の端を穴に埋め込み、崩れを防ぐ

 ことを考え付きました。この土管の直径108oが、カップの

 サイズの基準となったそうです。



 ≪ゴルフボールの表面に窪みがあるのはなぜ?≫


  表面に「ディンプル(えくぼ)」と呼ばれる窪みが

 あるゴルフボール。もともとは、表面のツルツルした

 ボールを使っていたようですが、無数の傷が付いた

 ボールのほうが飛距離が伸びることがわかってから、

 ゴルフボールの改良研究が進められました。


  20世紀初頭に、イギリスのメーカーによりディンプル

 のあるゴルフボールが開発されました。ディンプルは

 1つのボールに300〜400個程度あり、今でも飛距離を

 出すために各メーカーが研究を重ねています。


  ≪1ラウンドが18ホールなのはなぜ?≫ 


  18という中途半端な数になった由来は諸説あるようです。

 1つは、ゴルフ発祥の地とも言われるスコットランドの習慣。

 古くは寒さ対策としてウイスキーを飲みながらプレーしていた

 そうですが、ちょうど18ホールを終える頃に1瓶が空になった

 というものです。


  また、同じくスコットランドのゴルフの聖地セント・アンドルーズ

 にちなんだ説では、かつては22ホールあったものの、市から

 土地の返還を迫られ、18ホールに減らされたという説もある

 ようです。
  

  ゴルフのトリビアいかがでしたか?

 プレー中のちょっとしたネタとして頭に入れておくと

 良いかもしれませんね




 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 事務所案内CM ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=HhLWfQ5Q5uM

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴルフ3つのトリビア! 大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる