大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 関電が4月より企業向け電気料金引き上げ

<<   作成日時 : 2015/04/02 08:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さん、こんにちは!

 大阪でも桜が咲き始めいい季節になりましたね♪


 さて、関電が今月から企業向け電気料金を平均

 13.93%引き上げました!


 やっと賃金上昇が大企業から中小企業へ波及し始めた

 ところですので、大阪の中小企業にとっては負担増となり

 景気を冷やしかねませんね。


 企業努力で何とかならないのか?というのが中小企業の

 社長の率直な感想でしょう。家庭向けの電気料も上がって

 いますので、一般市民の方も同じように思っているかもしれ

 ません。


 そこで、企業努力の1つの形として人件費削減を上げる

 ことができますので、関電社員の平均年収を同業他社と

 比較してみたいと思います。


 関西電力・・・平均年齢41.7歳  平均年収586万円

 東京電力・・・平均年齢42.5歳  平均年収684万円

 中部電力・・・平均年齢41.6歳  平均年収779万円

 中国電力・・・平均年齢42.8歳  平均年収788万円

 北陸電力・・・平均年齢41.0歳  平均年収709万円

 東北電力・・・平均年齢41.8歳  平均年収680万円

 四国電力・・・平均年齢41.8歳  平均年収680万円

 九州電力・・・平均年齢41.4歳  平均年収570万円

 北海道電力・・・平均年齢42.2歳  平均年収686万円


 原発依存度が高い関電と九州電力の年収が、同業他社に

 比べ極端に低くなっています。中国電力と比較すると平均

 年収に200万円程度の差があることがわかります。


 東証一部上場企業の平均が約670万円ですので、関電は

 かなり低めということになります。勿論、サラリーマンの

 平均年収は約400万円ですので、この年収と比較すると

 高めということになりますが・・・


 関電が企業努力をした上で値上げをするのはある程度仕方が

ないことかもしれません。原発を動かすと業績は改善しますが、

一企業が判断できる範囲を超えていますのでどうにもなりませんね。


 やはり、国として今後エネルギーを原発に頼るのかどうかを

 きっちり国民に示し議論することが大切ではないでしょうか?

 政権与党は再稼働で進めていますが、20年後・30年後の

 エネルギーをどうするのか?将来を考える必要があります。 


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 事務所案内動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BcDED-axZgo

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 メルマガ『人生がバラ色になるお金の学校』
 ⇒ http://mm.1webart.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=hase&MagazineID=1&MoreItem=1

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関電が4月より企業向け電気料金引き上げ 大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる