大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金のお話

<<   作成日時 : 2006/08/15 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 20代の若い方より、「将来年金がもらえるかどうかわからないのに、年金を払う必要があるのか?」という疑問が寄せられたので、その件について、今日は書きたいと思います。

 ズバリ、結論から言うと、私は、年金を払うべきだと思います!

 そもそも年金とは、何か?(一般的に年金と言えば@公的年金A企業年金B個人年金がありますが、今回の件は、公的年金に関する疑問なので公的年金について書いていきます)

 公的年金とは、保険料を納めている現役世代が、既に引退した高齢者世 代の生活を支えるという「世代間扶養」の考え方の上に成り立っています。

 よって、本来は、「自分が支払った年金を将来もらえるのか」という発想が間違っている(言い過ぎ?)ことになります。

 また、年金には老齢年金・障害年金・遺族年金があります。多くの方は、老齢年金だけを見て年金を払うべきかどうかというのを議論しますが、私は、障害年金・遺族年金を考え、年金を払うべきだと思うのです。

障害年金とは、ケガや病気で障害を負ったときに、本人と家族の生活を保障するために支給される年金です。

遺族年金とは、年金の加入者が死亡した場合に、残された遺族の生活を支援するために支給されるのが遺族年金です。

 年金を支払っていなければ、当然上記2つの年金をもらう権利はありません(免除申請をしていれば話は別)

 特に20代の若い方に言いたいのは、「ケガや病気で障害を負ったときのことを考えてみて」と。 私が出した結論の根拠はここにあります。

 (年金制度は複雑多岐にわたりますが、今回は内容面においてかなり割愛しましたのでご了承下さい)

 次回は、本当は今回書く予定であった投資の話(国債)について書こうと思っています!



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
投資信託人気!!家計の金融事情
発表によると金融循環は、前年比1%増加しているとの事。 みんな資産をどのように使ってるかというと、 投資信託や保険、年金準備金などが多いようですよ。 ...続きを見る
今日は何あった?
2007/03/25 16:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金のお話 大阪堺市のファイナンシャルプランナーはせっちの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる