景気判断6年振り悪化・・・

 皆さん、こんにちは!

 保険や投資信託など金融商品を一切販売

 しないFPの長谷です。

 (動画で解説シリーズが充実⇒http://fp-hase.com/movie.php


  さて、内閣府が昨日発表した3月の景気動向指数から見た国内

  景気の基調判断が6年振りに悪化となりました。
 

  景気動向指数のうち、景気の現状を示す一致指数が前月より

  下がり、3ヶ月単位の推移などから「下方への局面変化」から

  「悪化」に下方修正されました。


  米中貿易摩擦の影響でアジア向けの輸出が減少したことが

  主な理由ですね。


  それでは、今後の日本経済は不況に突入するのでしょうか?


  ・今回の景気動向指数には、直近の米中の追加関税応酬の

   悪影響が反映されていないので、今後はさらに下押し圧力が

   かかる。


  ・改元により多少消費が活発化したが、その反動でこれから

   消費減が考えられる。


  ・米国の好況は戦後最長に迫り、今後は景気が減速していく

   可能性が高い。


  ・中国は景気対策により多少持ち直しつつあるが、不動産などの

   バブルをつくり出しつつある。


  ・北朝鮮、イラン、トルコ、シリア、ベネズエラなど地政学リスクが

   蔓延している。


  ・イギリスのEU離脱?


  ・EUの景気減速が目立ってきている。


  少し書き出しただけですが、今後は先行き不透明で、どちらかというと

  景気がさらに悪化していく可能性が高いと考えざるを得ないですね。


  株価は景気の先行指標ですので、日経平均株価などは下がっていくと

  思っていたほうがいいのではないでしょうか?


  現在のところ、賃金の減少など一般消費者に直接影響は及んで

  いませんので、景気悪化が実感しにくいかもしれません。というより

  景気回復の実感がそもそもなかったのかもしれませんが。。。


  今回の景気判断6年振り悪化を受け、秋の消費税増税が注目されて

  います。予定通り上げるのか?3度目の延期か?保育や高等教育の

  無償化の法案が成立しましたが、消費税増税の確率は50%程度では

  ないかと考えています。 


  最後に、アベノミクス相場は昨秋に終了した可能性が高く、今後は

  景気後退に進むと考えたほうがいいでしょう。


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 事務所案内動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BcDED-axZgo

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 メルマガ『人生がバラ色になるお金の学校』
 ⇒ http://mm.1webart.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=hase&MagazineID=1&MoreItem=1

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック