株価暴落への対応

皆さん、こんにちは!(^o^)

保険や投資信託など金融商品を一切販売
しないFPの長谷です。

さて、本日は、日経平均が大きく下がり、私が基準にしている
直近高値から約20%下落というラインを割り込んでいますので、
今後の対応策等を書いてみます。

(投資信託への毎月積立投資は、何ら問題ありません)

<結論>

・シナリオ1(40%)
  現状の日経平均19,400円前後で踏みとどまる

・シナリオ2(60%)
  底が抜けてリーマンショック級(50%下落)の下げになる

< 現 状 >

投資家心理を冷やす項目ばかりです・・・

○ 新型コロナの感染者が世界で急増している
 ⇒世界の感染者総数は11万人を超え、感染拡大が止まらない。
 ヒトとモノの流れが寸断され、世界経済への影響は甚大。

○ 2019年10月~12月期、日本のGDPが改定値で年率-7.1%と
  下方修正された
 ⇒速報値を下方修正し、消費増税や自然災害の影響が思った以上に
  大きく、新型コロナが発生する以前から景気が減速していたことが
  証明された。
  
○ 原油価格急落
 ⇒OPEC+ロシアの話し合いが決裂し、協調減産できず。
 世界の景気減速も加わり大幅に下落した。株式市場に流れていた
 中東マネーが退出する可能性が大。

○ 急激に為替が円高に振れた
 ⇒米国の金利引き下げにより、日米の金利差が縮小し円高が進んだ。
  マイナス金利を導入している日銀に打つ手は乏しく、このままだと
  100円割れも時間の問題。

<今後の投資行動>

○ 例外のない損切りの徹底

○ リーマンショック級のことが例え起こっても持ち続ける意思がある
   銘柄以外は売却

○ いつどこで底打ちになるかは誰にもわかりませんが、有望銘柄が割安
  水準になったと感じたら少しずつ買いにまわる。


<私の投資行動>

○ 損切りラインに達した銘柄は、躊躇なく損切り

○ 株価が大きく上昇していた銘柄の半分を売却し利益確定

○ 買付け余力から割安になった有望銘柄を少しずつ購入

○ 円高に振れていることもあり、米国の有望銘柄を買付け余力から少しずつ
  購入開始。

投資スタイルを変えず、企業価値が増大しそうな銘柄に
  長期で投資を行う


< 希 望 >

○ 中国の感染者数が落ち着きをみせ、徐々に経済活動が再開されていること。

○ 世界各国が金融・財政政策を協調して実施する余地があること。
(残念ながら日本に余力はほぼ残っていません)


新型コロナがいつ収束するのか?は全く読めません。

わからないことをマーケットは一番嫌いますので、
多くの投資家は、銘柄に関わらず株式を売却し現金化
しています。

また、もともと世界の株価は割高でバブル状態でしたので、
今回の急落は、新型コロナがきっかけになっただけかもしれ
ません。

日経平均が19,500円を割ると日銀が購入してきた日本株ETFに
含み損が発生すると言われています。

これは非常に恐ろしく、暫くは円高に振れていきそうですが、
どこかの段階で急激に巻き戻されて円安になっていくことも
考えられます(中央銀行の信用失墜から円が売られる)。

どのような状況になったとしても、“生き残る”ことが大切です。

ここ2年ほど、損切りの徹底と買付け余力を多めに準備と、何回も
お伝えしてきた意味が今回の株価急落でわかってもらえたことと
思います。

今月中はまだまだ乱高下しそうですから、シートベルトを着用して
乗り切りましょう!


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 事務所案内動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BcDED-axZgo

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 メルマガ『人生がバラ色になるお金の学校』
 ⇒ http://mm.1webart.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=hase&MagazineID=1&MoreItem=1

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント