IMFの世界経済見通し

皆さん、こんにちは!(^o^)

保険や投資信託など金融商品を一切販売
しないFPの長谷です。

世界で新型コロナの感染拡大が止まらなくなって
いますね。

日本では東京での新規感染者増加により、第2波か?
という議論がかまびすしいですが、世界では第1波が
収まるきざしすらありません。

さて、先日、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを
発表しましたので、ご紹介します。

2020年の世界全体の成長率予測は、-4.9%と前回予想より
1.9%下方修正されました。

新型コロナの影響で先進国と新興国が揃って景気後退に陥り、
経済損失は2年間で12.5兆ドル(約1,300兆円)と試算しています。

この数字を見て、どう感じましたでしょうか?

今までほぼ見たことがない数字になっています。

IMFは、「世界経済は大恐慌以来で最悪の景気後退だ」と
しています。大恐慌時の1930年~1932年は、世界経済が
17%~18%縮小したと言われています。

ちなみに日本の2020年の経済見通しは、-5.8%と世界
全体より落ち込む予想になっています。

日本の場合は、昨秋の消費税増税から既に景気は落ちて
いましたから、さらに新型コロナが追い打ちをかけた
ような状況ですね。

また、コロナの第二波について、専門家は絶対にくる!と
言っていますので、第二波がきたら世界経済はどうなるのか?

IMFは、2021年の経済予想を2種類出していて、
1、感染収束した場合  5.4%とV字回復を予想
2、感染が拡大した場合  0%と成長なしの予想

感染症の専門家の言葉を信じると、2021年も感染
拡大し、世界経済は成長しないということになります。

勿論、今後のことはどうなるかわかりませんが・・・

2021年も感染が拡大し、世界経済が成長しないという
シナリオも十分に考えておく必要があるのではないで
しょうか?

ビジネスや投資でも激変をチャンスに変えられる
よう、頭を切り替える必要がありますね。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 事務所案内動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BcDED-axZgo

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 メルマガ『人生がバラ色になるお金の学校』
 ⇒ http://mm.1webart.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=hase&MagazineID=1&MoreItem=1

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント