日経平均29年ぶり高値

皆さん、こんにちは!(^o^)

保険や投資信託など金融商品を一切販売
しないFPの長谷です。

(私のユーチューブでの解説動画140本はコチラ)
https://www.youtube.com/user/hasefp

そろそろ年越しの準備の時期でしょうか?

私は、来年のカレンダ・手帳は既に購入し、
お節も予約しています。ちなみにカニは
かに本舗で頼んでいます。

さて、今回は、昨日、日経平均株価が
29年振りの高値を付けたことを取り上げます。

6日の日経平均株価は24,325円となり、1991年11月
以来29年ぶりの高値を回復しました。

バブルのピークである1989年の38915円にはまだまだ
届きませんが、1万円を切っていた時期もありますので、
だいぶ戻ったきたなという感想です。

ただ、この29年の間、NYダウは約10倍になっています
ので、日本がいかに停滞していた!?停滞している!?の
かがわかります。

今年3月のコロナショック安値から、約1.5倍と急回復して
いますが、一番の要因は世界の中央銀行による金融政策、
世界各国の財政政策によるカネ余りにあります。

金利が消滅している債券は買いにくいですから、利回りを
求めておカネが株式市場に流入しています。

勿論、米国大統領選挙というリスクイベントが終わった
ことも要因の一つに挙げられます。

トランプ・バイデンどちらになるにせよ、不確定要素が
取り除かれたことは大きいです。

問題はここから上昇が続くのか?という点ですね。

日本企業の決算発表を見ていると、概ね良好な内容に
なっていて、コロナ危機から脱しつつあることがわかります。

ですので・・・

メインシナオリオでは、企業業績回復・カネ余りからの株価
上昇になります。二極化が進んでいますが、適応力がある
企業は業績続伸が期待できます(確率65%)。

サブシナリオでは、新型コロナの感染再拡大で規制強化と
なると株価下落となります。日本株は、世界景気敏感株と
言われることが多いので、欧米で感染再拡大が続きロック
ダウンが続出すると、厳しくなります(確率35%)。

コロナが終息するのはまだまだ先でしょうから、マーケットも
上下に振られる可能性があると肝に銘じておきましょう!


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 事務所案内動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BcDED-axZgo

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 メルマガ『人生がバラ色になるお金の学校』
 ⇒ http://mm.1webart.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=hase&MagazineID=1&MoreItem=1

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント