景気指標を追いかける

皆さん、こんにちは!(^o^)

保険や投資信託など金融商品を一切販売
しないFPの長谷です。

(私のユーチューブでの解説動画140本はコチラ)
https://www.youtube.com/user/hasefp

今年も残すところあと一週間ですが、いかが
お過ごしでしょうか?

年賀状作成や大掃除で何かと忙しい師走ですが、
2020年に悔いを残すことがないよう、一日一日
張り切っていきましょう!

さて、今回は、景気指標を追いかけるということで、
3つの指標推移を見ていきたいと思います。


<有効求人倍率>

2020.01  1.49
2020.02  1.45
2020.03  1.39
2020.04  1.32
2020.05  1.20
2020.06  1.11
2020.07  1.08
2020.08  1.04
2020.09  1.03
2020.10  1.04

コロナ前から有効求人倍率は落ち込んでいましたが、
春以降はコロナの影響が顕著でずっと右肩下がりでした。

が、10月はほんの少しですが改善しています。
この動きが続くかどうか注目ですね。

<製品在庫率指数>
2020.01  115.2
2020.02  112.5
2020.03  121.9
2020.04  138.5
2020.05  148.6
2020.06  138.0
2020.07  125.7
2020.08  123.2
2020.09  117.8
2020.10  113.9

コロナの影響で5月の在庫がだぶついていたことが
わかります。この数値はリーマンショック以上の
数字ではないかと思います。

春以降は生産調整や需要回復により指数は
右肩下がりになっていますが、まだ高い数値に
なっていますね。

<消費者物価指数総合前年比>

2020.01  0.8
2020.02  0.6
2020.03  0.4
2020.04  ▲0.2
2020.05  ▲0.2
2020.06  0.0
2020.07  0.0
2020.08  ▲0.4
2020.09  ▲0.3
2020.10  ▲0.7
2020.11  ▲0.9

春にコロナの影響で物価は下落しましたが、
夏以降は顕著に下落しています。

これはGOTOなどの政策の影響が大きいのかも
しれませんね。

日銀の物価上昇率目標は2%ですが、今となっては
誰も実現するとは思っていないでしょう。

携帯電話料引き下げもあり、デフレに逆戻りの
日本経済です。

今回は3つの指標推移を見てきましたが、追いかけて
いくと、経済の現状や今後を見通す経済感度が養われ
ます。

是非、ご興味ある方はニュースに敏感になり、経済を
知り、経営や投資に役立ててほしいと思います。


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 大阪のファイナンシャルプランナー(FP)事務所

 長谷ファイナンシャルプランナー事務所

 事務所案内動画 ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=BcDED-axZgo

 HP ⇒ http://fp-hase.com/

 メルマガ『FPが易しく教える暮らしに役立つお金の学校』
 読者800名超 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000232431.html

 メルマガ『人生がバラ色になるお金の学校』
 ⇒ http://mm.1webart.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=hase&MagazineID=1&MoreItem=1

 Twitter ⇒ http://twitter.com/fphase

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント